海外保険付きのデビットカードのメリット

海外で購入した商品に関する保険

 

デビットカードは、海外で利用される事もよくあります。特に買い物で使われる事が多いです。日本国内と違って、海外では現金での買い物が不可能なお店も目立ちます。お店によっては、あくまでもクレジット払いに限定している事もあります。

 

アメリカなどは、カフェは現金支払いをお断りしている事も多いです。色々とお店側の都合があるからです。海外旅行で買い物できなければ、大変困ってしまいます。そうかと言ってクレジットカードは、金利手数料などのデメリットがあります。

 

ですから多くの方々は、海外旅行での買い物で、よくデビットカードを使用している訳です。ところで海外での買い物には、数点のリスクもあります。例えば、買った品物が盗まれてしまう可能性です。海外は、治安状況は日本とは異なります。

 

一部の地域では、治安があまり良くない事もありますから、盗難などのトラブルに遭遇してしまう事もある訳です。もしくは不測の事態によって、カードで購入した商品が破損してしまう事例もたまにあります。

 

せっかく海外旅行を楽しむつもりだったのに、購入した商品に関わるトラブルが生じてしまっては、旅行気分も台無しになってしまいます。このため海外旅行に行く方々は、しばしばクレジットカードの発行を検討している訳です。

 

というのもクレジットカードでしたら、買い物に関する保険が完備されています。万が一上記のトラブルに遭遇した時でも、保険がおりるシステムになっています。しかしクレジットカードには、上述の金利手数料のようなデメリットもあります。

 

またお金を借りるサービスになりますし、遅延リスクなどを心配している方々も多いです。

 

デビットのカードの保険サービス

ところでデビットカードによっては、海外保険が完備されています。

 

上記のクレジットカードと同様に、充実した保険が完備されているカードも、中には存在する訳です。

 

例えば、ある大手の銀行によるカードです。その銀行の場合は、最大100万円という補償があります。

 

少なくともそのカードを保有している方が、リスクは明らかに低くなります。そのカードがなければ、保険金がおりる訳でもありません。実質的な損害が生じてしまう訳です。ですから海外旅行に行く前に、その大手の銀行のカード申込みをしている方々も多いです。

 

また別の銀行も、海外保険を完備しています。上記の大手の銀行と違って、補償される金額は若干限定されます。その銀行ですと、最大10万円という補償額になるからです。しかし旅行先にて、あまり大きな買い物をしない方々も多いです。

 

100万円もの買い物をするケースはほぼ無く、せいぜい10万円程度になる事も多いです。その保険付きのカードがあるだけでも、安心感は全く違ってきます。ですから銀行によって、海外保険の内容も異なる訳です。

 

補償額の大きさなどは、デビットカードを選ぶ基準の1つになるでしょう。

 

負傷や病気なども保険の対象になる

ところで海外保険の内容は、何も買い物だけではありません。

 

海外での負傷なども、対象になるカードも多いです。旅行先では、万が一のトラブルは大いに起こり得ます。旅行先の状況によっては、若干の危険を伴う事もたまにあります。海外旅行に行ったものの、現地でケガしてしまったという事例も、稀にある訳です。

 

何もケガだけではありません。旅行先では、万が一の病気を患ってしまう事もあります。日本とは環境が異なりますから、現地独特の病気になる事例も、稀にある訳です。

 

それでケガや病気になった時には、やはり治療する必要があります。しかし病院にて治療してもらうと、医療費を支払う事になる訳です。海外旅行に行った結果、多くの治療費がかかってしまったという事例も、たまにあります。

 

海外旅行先によっては、若干のリスクを伴うわけです。ところで上述の通り、デビットのカードによっては、海外保険が完備されています。何もその補償の内容は、買い物だけに限定されません。海外旅行に関する医療費なども、対象になる訳です。

 

上記の医療費にしても、そのカードの保険に入っていれば、保険金はおりる訳です。ですから万が一の事態を考慮すれば、保険付きのデビットのカードを保有している方が、明らかに安全度は高まります。

 

ただし病気やケガなどに対する補償の内容も、カードによって異なる訳です。例えばあるカードの場合は、最大3000万円の補償があります。それに対して別のカードですと、最大1000万円といった具合です。

 

カードによって内容が異なる事だけは、間違いありません。そして海外保険というサービスは、「全て」のカードに完備されていると限らない点も、注意を要します。一部のカードは、そもそも保険自体がないからです。

 

保険が無いカードですと、もちろん海外旅行先でのリスクは高まってしまいます。ですから保険が完備されているか否かという基準で、カードを選んでいる方々も、決して少なくありません。

 

ポイントを貯める事を考えた買い方に注目

 

ポイントサービスを用意するお店は多く、買い物をする時に、商品の価格だけではなく、お店のポイントサービスの比較を行う方もたくさんいます。

 

身近なお店で買い物をする時にポイントカードを提示して現金払いをする方は多いですが、現金の支払い以外にも、カード払いを選択する方法もあり、カードでの支払いでポイントを貯める事もできます。

 

インターネット通販サイトを利用する場合も、商品の品揃えが豊富なお店に注目するだけではなく、ポイントサービスが充実するお店を見つけられます。

 

定期的にキャンペーンが実施され、通常よりもお得にポイントが貯まるサービスを見つけるチャンスもあり、お得感を感じながら、ショッピングを楽しむ事ができる点も魅力です。

 

ポイントが通常よりも五倍、十倍など、お得に貯まっていく場合もあるため、お得感のある買い方ができるように幅広く情報を集める事をおすすめします。インターネット通販サイトでも買い物を楽しみやすくするために、デビットカードを持つことを検討する方は多いです。

 

クレジットカードを持つ場合、審査があり、カードを使えるようにするためのハードルが高いと感じる方も、デビットカードなら持ちやすいと感じる方もいますし、利便性が高いです。

 

デビットの支払いに対応するお店はたくさんあるため、身近なコンビニやスーパーでの買い物にも使え、インターネット通販サイトでも使えます。

 

いろんなカードがあり、ポイント還元率もチェックする事で、よりポイントを貯めやすいカードを見つけて、お得感のある買い物を楽しめます。ポイント還元率を知りたい時に、比較サイトの情報を参考にする事で、効率よくたくさんの情報を集める事ができるため、便利です。

 

それぞれのカードの特徴を一覧でチェックできるサイトを見つける事により、ポイント還元率の違いを簡単にチェックして、買い物をお得に楽しめる一人一人に合ったカードを見つけられます。参照→デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)

 

長期間のカードの使用と年会費に注目

長期間同じデビットカードを使い続ける場合、年会費のチェックも重要なポイントになります。

 

年会費無料のカードもあり、安心感を持って使う事ができる方もたくさんいますし、年会費が千円や三千円など、少し費用がかかる場合でも、特典が魅力的だと、お得感は大きいです。

 

ポイントが貯まりやすいカードもありますし、特典が充実する事でショッピングを楽しむ時など、カード払いを選択する事でお得感が増します。

 

比較サイトを使って、年会費の違いも調べていく事ができますし、同じデビットカードでもいろんな種類のカードがあり、支払う年会費の違いでお得感がアップする事もあります。

 

長期間、お店での買い物やインターネットサービスを利用する際の支払いで、デビットでの支払いを続けていく事で、たくさんポイントが貯まるチャンスがあるため、カード選びは大事です。

 

使いにくいカードを選択する事で、あまり使う機会がないまま、カードケースにしまわれている場合もあるため、使う頻度が多く、お得感も感じやすいカードを見つける事に注目です。

 

クレジットカードを使う方も、あまり使わないカードがあるなど、これからの支払い方法を見直して、デビットカードにも注目する事で、安心してカードを使える方もいます。

 

デビットでの支払いは、銀行に預け入れているお金から即時決済されるため、お金の使い過ぎを防ぐことができ、これからカードを持つ初心者の方にも優しい点も魅力です。

 

旅行中にも役立つカードを見つけられます

仕事やプライベートでの買い物で、上手にデビットを使いこなして、買い物をする方は多く、旅行でまだいったことがない街へ行く時も、カード払いが役立つシーンはたくさんあります。

 

デビットの支払いに対応するお店はたくさんあるため、旅行中でもカード払いで支払いを済ませる事ができます。財布に現金をたくさん入れていると、財布を無くしてしまったときのリスクは大きいため、気を付ける必要があります。

 

安心してお金を管理できるように、現金だけではなく、カードも上手に使えるように考えて、旅行を楽しめるようにする事も大切です。旅行中に、キャッシュカード機能付きのデビットカードを持っていることで、コンビニでお金を引き出すこともでき、柔軟に対応できるようになります。

 

旅行を楽しむ時に、ついついお金をたくさん使ってしまう方は多いため、安心してお金を使う事ができるように、クレジットカードではなく、デビットを選択する方もたくさんいます。

 

口座の残高を確認しながら、今残っているお金を見て、使いすぎを防ぐことができるため、旅行を楽しむ時に使うお金を事前に口座に入れておくことで、その範囲内で買い物を楽しめます。

 

旅を楽しむ時は、乗り物に乗ったり、お土産を買うなどお金を使う事が多いため、お金の上手な管理ができることが必要になります。

 

デビットカードとクレジットカードにはどのような違いがあるか

デビットカードは、クレジット払いで活用できます。そのカードは、買い物目的で活用されている事も多いです。コンビニや税金などの支払いで、そのカードが活用される事も多々あります。ところでカードと言えば、クレジットカードもあります。

 

デビットはクレジットカードと比較される事も多いです。両者には、共通点もいくつかあります。まず上記でも触れた買い物で活用できる点です。

 

クレジットのカードと言えば、カードのセンサーに対するタッチです。コンビニなどを含めて、多くのお店にはカードを読み取るためのセンサーが完備されています。店員にカードを手渡した上で、そのセンサーにタッチをすれば、カード情報が読み取られる訳です。それで支払い手続きが完了するという、極めてシンプルな仕組みになります。

 

デビットのカードにも、同じ機能が備わっている訳です。それだけでなく、両者には保険に関する共通要素もあります。海外旅行に行く方々は、しばしば不安感を抱えています。日本とは治安も異なりますし、旅行先で何が起きるか分からないからです。

 

たまに海外でトラブルが生じる事もありますから、注意を要します。ところでクレジットのカードと言えば、旅行用の保険です。海外旅行でのトラブルに備えて、一部のカードには保険も完備されている訳です。海外でトラブルに遭遇すると、金銭的被害が生じる事もあります。

 

せっかく旅行を楽しむつもりだったのに、お金の損失が生じてしまうのは、大変困ります。しかし保険が完備されているクレジットのカードを保有していれば、万が一のトラブルに遭遇した時でも、保険がおりる訳です。

 

ですから海外旅行に行く前に、保険付きのクレジットのカードを保有しておく事は、大いに意味があります。それでデビットのカードにも、その保険が完備されている訳です。つまりデビットとクレジットのカードには、買い物支払いや旅行保険などの共通点がある訳です。

 

両者は、特性は非常によく似ています。

 

カード会社からの立て替え払いになるかどうかの違い

しかし、デビットカード クレジットカード 違いもいくつかあります。お金を借りるかどうかが、一番大きな違いです。まず後者のクレジットのカードですと、お金を借りる事にはなります。厳密には、立て替え払いをしてもらう事になります。

 

クレジット払いでお金は支払われますが、それはカード会社が一旦立て替えを行っている訳です。そして立て替えたお金は、後日にカード会社から請求される事になります。ですから銀行口座から引き落としされるまでには、若干のタイムラグが生じる訳です。

 

例えば6月15日に、クレジットのカードで買い物をしたとします。それで翌月の7月20日などのタイミングで、口座から出金される訳です。その1ヶ月分の間は、カード会社の金利手数料も発生する事になります。借金をする訳ですから、金融業者への手数料も払う事になる訳です。

 

ちなみに借金といえば、クレジットのカードにはキャッシングの機能も完備されています。そのカードを使って、現金を借りられる訳です。ところがデビットのカードの場合は、少々状況が変わってきます。デビットですと、即座に引き落としされるからです。

 

ですから上述の6月15日というタイミングで、即時引き落としされる事になります。即座に口座から引き落としされる以上は、カード会社に対する借金が生じる訳ではありません。あくまでも一括払いになる訳です。ですからイメージとしては、ある意味銀行振り込みに似ています。

 

銀行振り込みでしたら、もちろん金利手数料が発生する訳でもありません。実際には銀行振り込みとは微妙にシステムは異なるますが、実質的にはほぼ同じ結果になります。もちろんクレジットのカードは、銀行振り込みになる訳でもありません。

 

あくまでも立て替え払いをしてもらい、お金を借りるシステムになる訳です。つまり「カード会社からお金を借りるか」どうかという点が、両者の違いの1つです。

 

カード発行の審査の通りやすさに関する違い

ところでカード発行を検討している方々は、しばしば審査を心配しています。確率100%で発行できるとは限らないからです。特にクレジットのカードは、その傾向が顕著です。クレジットのカードを発行してもらう為には、金融会社による審査を受ける事になります。

 

収入に関する状況を含めて、色々な項目を確認していく訳です。それで申し込み者によっては、カード発行を断られてしまう場合があります。いわゆる審査落ちです。せっかくカード申込みをしても、審査落ちになってしまうのも困ります。ちなみに比較的こちらのカードは、クレジットカード審査甘い傾向があります。

 

ですからクレジットのカードを検討している方々は、審査落ちが気になって、二の足を踏んでいる事も多いです。ところがデビットのカードですと、高確率で発行される傾向があります。

 

銀行の普通口座が開設済みならば、基本的には審査なしで発行できるからです。

 

デビットカードでも、ごく稀に審査落ちになる事はありますが、確率は極めて低いです。比較的手軽に発行できるのは、デビットカードのメリットの1つだと評価されている事も多いです。